FA ロボットシステム DX化 中小企業応援サイト

FARODX View

ロボット工学、ロボティクスとは = 自働化論理の構造、行動、管理システムおよび、維持、保守を
研究する工学分野、計算機科学 等の関連において、FA・ロボットシステムの 設計・製造の構築 及び
利用に関する技術、工学分野の総称です。

  AIIoT 等は 「人間の認知・情報授受・コントロールを擬似再現すること」であり、
  RPAとは、Robotics = ロボティクス技術を駆使して、Process = 処理・工程 を、Automation = 自働化するため 論理化することで、ロボット知能、人工知能分野における 視覚、聴覚 および パターン認識、自然言語処理、知識表現を同期して問題解決する研究がされています。

 AI 等々が、人間の就業領域に換わる仕事の共通点「マニュアルに沿った定型業務」「考える要素が少ない業務」等については、AI や ロボットシステム が人間の就業に換わる可能性が高くなります。

具体的には、製造作業、製造管理、低額・定型の保険営業、スーパー 等 レジ打ち、コールセンター、経理 等が名指しされており、高度化と称される就業領域でも『一般的な業務を遂行する、金融機関、士業系専門サービス、行政サービス』等、高度な 形式、法規、マニュアル・コンプライアンスは、
AI による構造化知識の最も得意な分野であると考えられます。

 従って 全ての領域・分野において、職域のオペレーションを中心に RPA 化により再構築されると考えられます。我々 人間は24時間 働き続けることは不可能ですが、AIIoTシステム・ロボットシステム 等は 24時間 働き続けます。

これからの就業構造では、テレワークでも、遠隔化においても、パフォーマンスを最大最適化、RPA進捗を顕在化できる人材が求められます。

 FARODX Viewでは、FA、ロボットシステム、DX化を目指す中小企業を応援します。

最新投稿

  • Hello world!

    WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !